導入事例 課題から探す

自社ノウハウの有効活用

  • 一覧に戻る
加工ノウハウを反映できる精密自動研削盤
背景
汎用NCで制御していましたが、自社の独自性が出しにくく、不満を持っていました。
精密研削の加工ノウハウを独自ソフト(Visual Basicで制作)にまとめて、NCと直結させる
必要があったが、既存のNCには切り口に限界があり諦めていました。 
画面・機能全ての面で独自性を出したいと思いテクノに相談しました。
課題
■自社研磨データベースと直結すること
■自社ソフトで運転・制御が出来ること 
■汎用NC相当の基本性能・精度を達成すること
■他社と差別化するための独自機能を活用出来ること
解決&メリット
テクノのファインモーションコントローラ(ワンボードモーションコントローラSLM4000)を導入頂き、以下を実現しました。
■自社研磨データベースと直結した専用ソフトからダイレクトにマシンを運転
■自社ソフトで運転・制御  
■汎用NC相当の基本性能
  高精度な輪郭制御・径補正・形状補正・ピッチエラー補正など
■他社と差別化となる独自機能
  自動機と手動機の要素を合体・半自動的な機能などエンドユーザの希望を実現
加工ノウハウを反映できる精密自動研削盤
メリット
関連資料
ワンボードモーションコントローラ


お問い合わせ
製品や機能、見積り依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は04-2964-3677までおかけ下さい。

  • 一覧に戻る