導入事例 用途から探す

ロボット

  • 一覧に戻る
XYθ平面パラレルメカニズム制御と画像処理の連携
背景
XYθ平面パラレルメカニズム制御と画像処理の連携
XYθ平面パラメカでは、3軸のパラレル制御が必須です。
従来のサーボコントローラには、機構変換の機能がなく、直交系のXYθで動作指令が出来ませんでした。
また、目標位置だけの機構変換の計算をした場合は、位置決めはできても、正確な軌跡にはなりませんでした。
さらに、生産現場の自動機として用いるため、
 ・G言語やロボット言語が使えず、単なる位置決めレベルであること
 ・修理や検査するための画像処理やPCとの連携がユーザ任せになっていること
が大きな問題となっていました。
課題
・直交系(XYθ)で指令する
・高精度な軌跡制御で緻密に動作する
・G言語やロボット言語に対応し自動機(生産機)として動作する
・画像処理と簡単に連携する
解決&メリット
XYθ平面パラレルメカニズム制御と画像処理の連携
テクノのワンボードモーションコントローラ(SLM4000)で解決しました。
・専用の機構変換処理をSLM4000内に内蔵して、直交系(XYθ)で指令を実現
制御周期毎に機構変換処理を行うことで、高精度な軌跡制御を実現
・単なる位置決めだけではなく高精度な輪郭制御を実現
G言語やテクノ言語により、自動機として活用
・その他にも自動機制御に役立つ機能を実現
画像処理との連携を可能とし、ワークアライメント調整などを実現
XYθ平面パラレルメカニズム制御と画像処理の連携
関連資料
ワンボードモーションコントローラ(SLM4000)

お問い合わせ
製品や機能、見積り依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は04-2964-3677までおかけ下さい。

  • 一覧に戻る