導入事例 用途から探す

溶接機

  • 一覧に戻る
パイプ自動溶接機
内容
パイプ自動溶接機
パイプ自動溶接ロボット制御によりパルスMAGで大径の配管溶接、TIGでは小径の溶接を行います。
PCソフトで全姿勢に対して、適切な溶接プログラムを自動発生し、モーション制御では開先形状誤差の補正、溶接電流・電圧のリアルタイム制御により高速溶接を自動化しました。
特徴
【特徴】
○NC技術の有効活用
→多軸補間が可能であり、精度の良いなめらか輪郭制御を実現
○AD/DA拡張
→溶接指令や溶接電流・電圧のインプロセス計測
○専用化対応
→2ヘッド制御(マルチタスク)
→自動段取り
→ヘッド間干渉チェック
→開先計測
→自動機構補正
→アークセンシングとアークならい(インプロセス制御)
→高速2次元ウィービング
→溶接波形計測と制御
→アークショートの検出
○専用手動操作BOX
→LCD表示、専用キーによる手元操作
○PC通信ライブラリー(DLL)
→ユーザソフトとの接続
○PC応用
→溶接専用アプリケーション 運転・監視
→溶接データベース 最適溶接条件の自動設定
○安全性
→FA-PCの採用
→防塵・防振対策
→耐ノイズ性

●詳しくはお問い合わせ下さい。

  • 一覧に戻る